日常の中にある【好きなモノ・コト・場所】

『ブログを書こう』と決めたら【ヒトデ登壇祭りだぞ!】に行けることになった!

こんにちは、愛弓です。   不思議なもので… ずっと停滞していて、『才能がないんじゃない?』『方向性を間違ってるんじゃない?』と悩んでたことでも、 自分の本心に気づくと、一気に流れが変わることってあるんですよね。   自分自身が『無理だ』と思い込んで諦めていたこととか、恐くて向き合えなかったものに対しても… 『それでも好きなんだ!』『やってみたい!』という強い気持ちを持ってたことに”気づく。 その気づきがすごく大切で。それだけで、流れが変わることもありますよね。   私自身もそういう体験をしたことがあるし、お客様たちがそんな”転換期”みたいな時期を迎えるのも、たくさん見てきました。 私自身も久しぶりに、『流れが変わった!?』と感じる出来事があったので、書いてみようと思います。   『ちゃんとブログを書こう』『”書くこと”と向き合おう』と決めたら、【ヒトデ登壇祭りだぞ!】に行けることになった!

好きなことに、向き合うのが恐かった。

先日、ふと『文章を書くことが好きなんだな~』ということに気づきました。   本当は好きなのに、「好きだ」って認めるのは恐いんですよね。 だから、もっともらしい理由をつけて、『本気じゃないよ』ってごまかして。 いや、その理由も本心なんだけど… 結局、ブログというツールを選んだのは、文章を書くことが好きだからなんだよね。 きっと。   『ブログを書こう』って自分で決めたはずなのに、いつのまにか、言い訳ばっかしてた。

愛弓(あゆみ)

別に、ブログで生きていくつもりないから…   ブログは、目的に向かうためのツールにすぎないから…   ”本当にやりたいこと”は、別の場所にあるから…
  ある日ふと、気づいた。

愛弓(あゆみ)

まだ、”ブログを書くこと”と向き合うのが恐かったのかもしれないな~
そしたら、ブログを通じて叶えたかった夢が、いつのまにか、言い訳になってたことに気づいた。 ”ブログを書くこと”に本気になるのが、恐かったんだと思う。  

愛弓(あゆみ)

もう言い訳はやめた方がいいな。   逃げるのは辞めて、 ”ブログを書くこと”と向き合ってみよう。
なんだか、そんなふうに思えた。

『ブログを書こう』と、心に決めた。

その後、いつもの神社に行って、【大楠さん(御神木)】に触る。 語り掛ける時、その空間にいるのは、大楠さんと私だけだった。   『何かを伝えなきゃいけない』 そんな気がしたけど、私には、お願い事なんてなかった。 それでも、『何かを伝えなきゃいけない』と思った時、自分の中から予想外の言葉が出た。  

愛弓(あゆみ)

”書くこと”に向き合ってみたいなって…。 …ちゃんとブログを書いてみたいんだよね。
  心が震えるような感覚になって、涙が溢れそうになった。   自分の言葉を聞きながら、『本当に?』『それって、この前『書く事が好きかも』って思ったから…その時の感情に流されてるだけじゃなくて?』と、自分の言葉を疑う。 それでも言葉が止まらなくて。  

愛弓(あゆみ)

ブログを書いてさ、 たくさんの人に伝えたいんだよ。 たくさんの人に会いたいんだ。   必要としてくれる人がいるなら、その人たちに会ってみたい。 必要としてくれる人たちに、必要なもモノを届けたい。   大切な人たちに会いたい。 そして、 私にできることがあるなら…それをやりたい。
  涙が止まらなくて…泣きながら思った。 『あぁ…。これって本心なんだろうな』って。   そしたら、 『私、逃げてる場合じゃないな』って。 『ちゃんとブログを書かなきゃいけないな』って思った。   帰りの電車の中、『今度こそ、ちゃんとブログを書こう』『本当に伝えたい事を伝えよう』と心に決めた。

ヒトデさんのイベントに参加する。

数か月前、【ヒトデさん】という人のブログを読んだ。 何を読んだのかも、どんな人だったのかも覚えてない。(ごめんなさい!) ただ、『すごく読みやすいな』『この人のブログの雰囲気、なんか好きだな』と思って、LINE@を登録しておいた。   家でグダグダしてると、【ヒトデ、登壇するってよ】というLINEが来た。   私はあまり『ブロガーさんに会ってみよう』とは思わないし、誰に会っていいのかもわからなかった。 だから、ちゃんとブロガーさんに会ったことはない。 このLINEを見た時も、『ものすごく会いたい』…という訳じゃなかったと思う。(ごめんなさい!) でも、なんとなく『行ってみようかな~』という気持ちになった。 理由はわからない。 でも、私にとっては、『行ってみようかな』と思えたこと自体が、すごいことだった。   【19時に募集を開始する】と聞いてたのに、すっかり忘れていて。 私が募集ページを開いたのは、翌日の昼間。   『募集人数が30人なんて少ないし、もう締め切ってるだろうな~』と思いながら、なんとなくメールした。 『もし会えなかったとしても、ブロガーさんに会ってみようと思えただけで、大きな進歩だよ!』と自分に言い聞かせる。   数時間後に受信ボックスを開くと、メールが来てた。 参加できるらしい!!  

愛弓(あゆみ)

待って! わたし騙されてるんじゃない!? …本当に??
  何度も予約ページとメールを確認したけど、やっぱり行けるみたい。 もう、誰かに言いたくて、言いたくて…感情の高ぶりを感じながら、 『私、本当にヒトデさんのイベントに行ってみたかったんだな』って、自分の気持ちに気づいた。   それが、ヒトデさんに会えるからなのか、ブログを書いてる人たちに会えるからなのか…理由はわからない。 ただ、ものすごく楽しみなんだ。   しばらくして、ツイッターで検索した。 【3分で満席になった!】と…。   たぶん私は、追加の10席が決まってすぐにメールしたのかなって。 ものすごくラッキーだなって思った。   今もまだ、私は疑ってる。

愛弓(あゆみ)

『本当に!?』 『わたし、騙されてない!?』
  実は、この感覚がものすごく懐かしい。 セラピストになった時もそうだった。   当日になっても信じられなくて、夢のようで… 数日たっても、『騙されてるんじゃない?』『夢じゃない?』『これって本当に現実?』って思ってたなって。 初任給をもらった時もまだ、『夢じゃないよね?』って。w     たぶん私は、すぐ、自分の気持ちに蓋をしてしまう。 『本当は~したいんだけど・・・』とすぐに言い訳してしまう。   だから、心から願っていたことが叶いそうになると、『本当に!?』と言葉では疑いながら、本当は嬉しくてしょうがないらしい。 『本当に!?』『騙されてない!?』という言葉は、疑ってるんじゃないい。 うれしすぎて、夢のようで…抑えきれない気持ちから出てしまう言葉なのかもしれない。

その道でいい…その道がいい。

たぶん、【ヒトデさんのイベントに参加できる】なんて、めちゃくちゃラッキーだと思う。 私より真剣にブログに向き合ってる人も、ヒトデさんを尊敬してたり・大好きな人もたくさんいると思う。 だから、申し訳ない気持ちにもなるし、『本当に、私が行ってもいいの?』と心配にもなる。   でも、ヒトデさんのイベントに参加できることになって、すごく嬉しくて… そのおかげで、『ブログを書くのが好き』という気持ちも、『ちゃんとブログを書くことと向き合いたい』という気持ちも嘘じゃないんだと思えた。 なにより、『そっちの道でいいんだよ~』と、見えない誰かに背中を押してもらえたような気がして、嬉しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください