【お知らせ】ヘアケア・シャンプーの記事は、こちらのブログに移行しました。

私は、自分の言葉・態度で他者を傷つけてしまうことが恐い

こんにちは、愛弓です。

私は、【自分の言葉や態度で誰かを傷つけてしまうこと】がものすごく気になります。

誰かを傷つけた可能性が…ものすごく恐いのかもしれない。

人が傷つくのを見ると、胸がギュッと苦しくなる。自分の気持ちを伝えるほど、傷ついていく。

『(自分が誰かを)傷つけたかもしれない』と感じると、胸ががギュッと苦しくなって、自分の脈が大きく響きだす。落ち着かなくて、すごくソワソワする。

私は、誰かを傷つけてしまうのが嫌だ。


自分が傷ついた時、『私は今、傷ついたよ』とか『嫌だから、やめて』と、ちゃんと自分の気持ちを主張することができない。

うまく言葉にできないまま、嫌な気持ちをごまかしてしまう。

何度も何度もごまかしてるうちに、自分の気持ちにどんどん鈍感になっていってしまう。

きっと、相手は『自分が悪いことをした』と思ったり、不安になる事もない。

自分さえ我慢すれば、相手に嫌な思いをさせることは、ないかもしれない。

でも、そのままじゃ、自分の気持ちには気づいてもらえないんだよね。助けてもらえないんだよね。


『苦しい』『やめて』『いやだ』『傷ついたよ』

自分が傷ついた時や嫌な思いをした時は、ちゃんと「今のは、傷つくからやめてね」とちゃんと伝えて、自分の心を守らなきゃいけないんだと思う。自分自身で。


だけどさ、「そんな風にされると傷つくからやめてね」と伝えたところで、その言葉に傷ついたような表情をされると、胸がぎゅっと苦しくなる。


たぶん、私の主張が的外れなら、彼女はそんなに苦しい思いはしないんだよね。

無意識であっても、引っかかる何かがあるから、悲しい顔をする。

もしかしたら、うまく自分の非を認められないんじゃないかなって…そんな風にも感じる表情をする。


すぐに自分の非を認めて謝ることができるのって、実はすごいことだよね。強い人だよね。

私自身、すぐに自分の非を認めて謝れないことはあって…そんな自分が嫌だったりもする。

だから別に、彼女を責めたいとも思わないし、それでもいいと思ってる。


でも私は、彼女の悲しそうな顔を見ると、自分が悪いことをしてるような気がしてしまう。

『私が悪いのかな?』『間違ってたかな?』『もっと別の方法があったかな?』っていろんなことを考えて。

『でも…彼女はやっぱり傷付いたよね?』って思って、また苦しくなる。

そうやって私は、『自分が悪いんじゃないか?』という不安の中で、モヤモヤする。

その繰り返し。


私はまた、『彼女が傷つかないように…』と思って、自分は大丈夫なふりをする。

そうやってまた、彼女の発する言葉に傷ついて、自分の心の傷をうまく伝えられないまま…。同じことが繰り返されていく。

自分の気持ちを伝えるほど、自分の心の傷が増えていく。

その繰り返しだった。

『自分には関係ない』と割り切れず、おせっかいをして傷つく。でもいいかげん、彼女と離れて、自分の良い所を大切にすべき。

でもさ、『本当は、私が悪いわけじゃないよね』って思う。


彼女は私が傷ついてるのに気づかず、自分の主張ばかり。

私が自分の気持ちを伝えれば「意見を押し付けるな」って怒るくせに、「私は、自分の意見を言ってるだけだ」と言って、意見を押し付けてくる。


別にいいんだよ。

我慢したり、軽くあしらったり、距離をとったり…いろんな方法がある。

でも、『本当にそれで良いのかな?』って疑問に思う瞬間がある。

ちゃんと伝えなきゃ、彼女は自分のやってることに気付くこともなく、他の人も傷つけてしまうかもしれない。他の人にも無理をさせてしまうかもしれない。

彼女が本当に大切な人を失ってからじゃ遅いんだよね。きっと。


そんなことになったら、私はまた傷付くと思う。

その可能性に気づいていたのに、何もできなかった自分を責めると思う。

彼女の言動で彼女が大切な人を失ってしまった時、『気づいていたのに、どうしてちゃんと教えてあげられなかったんだろう?』『私がもっとちゃんと伝えてあげてれば、彼女は大切な人を失うことも、そんな思いをすることもなかったのに…』って、私はまだ自分を責めてしまうかもしれない。

だからさ、『ちゃんと伝えなきゃいけないよね』って…。私はそんな風に考えてしまう。


だけどね、こんなことを考えてしまう私だって、彼女と同じことをしてる可能性がある。

私自身も、彼女を傷つけてることに気づかず、自分の主張ばかりをして、彼女を傷つけ続けてる…可能性だってある。

少なくとも、私には、過去に彼女を傷つけてしまった記憶がある。

だから私は簡単に、彼女を悪者にはできないんだよね。


だから、彼女と何度も話し合おうとした。自分の気持ちも伝えた。

でも、結局は傷付くような言動をとられて、否定されて、また傷付いて悩む…その繰り返し。

『いい加減疲れたな』って思うし、私には、彼女以外にも大切にしたい人がたくさんいるんだよね。

だから、彼女とは距離をとることに決めた。

そんなわけで、今もここに書いてたりする。


なんかさ、【人の振り見て、我が振り直せ】とか言うじゃない?

自分の悪い所は直そうとするし、人のいい所も見習って真似たりするわけさ。

でもね、自分のいい所に気づかないんだよね。

自分のいい所を見ないふりして…いい所を抑え込んだりして…。

そんなことを繰り返しても、前に進めないよね。

人のいい所をまねて、悪い所を直して…そうやって成長してるなら、ちゃんと自分のいい所もみなきゃいけないし、自分のいい所を伸ばさなきゃいけないよねって思う。

誰に否定されたとしても、自分のいい所は大切にしなきゃいけないんだよね。

誰かの苦しみがわかるのに、何もしないのは嫌だ。

幼い頃は、『人の心に鈍感で、人の気持ちを想像できないダメな奴なんだ』って思い込んで自分を責めてた。

楽しい感情や嬉しい感情は自分のものだと思い込んでるし、すぐに消えてしまう。

だけど、誰かの悲しさや苦しさには敏感になるし、誰かの痛みを背負ってまた、悩み続ける。それはなかなか消えてはくれない。


だから、傷ついてる人を見るたび、自分を責めてた。

気付いてるのに、何もできない自分を。


私はいつのまにか、自分の感情に鈍感になってた。

特に、セラピストになる前の私は、自分の感情がわからなかった。

感情はあるんだ。

ちゃんと感情はあるのに、それにうまく気づけなくなってた。

いつのまにか、たくさん傷ついて、悲しい思い・苦しい思いをたくさんしてた。

何事もないかのように笑って、『私は幸せだ』と『私は強いんだ』と思い込んでた。

そんなのって、悲しすぎるなって覆う。苦しいよねって思う。

だから、同じ思いをさせたくない。


自分が辛い思い・苦しい思いをしたから、同じ思いをしてる人がいたら放っておくことなんてできない。


あの時の自分と同じ思いを、嫌な思いをしてほしくない。


だから私は、その瞬間に自分にできる事を考える。

目の前で悩んでる人のためにできることだけを。


目の前で苦しんだり、悲しんでる人がいたら、放っておけないんだよね。

だってさ、1人で悩むのも、1人で苦しむのも、1人で悲しみを抱え込むのも…辛い。辛いよね。


目の前にいる人の気持ちに、気づいてるくせに、何もできない自分。

その辛さを知ってるのに、何もできない自分。

そういうのが、ものすごく苦しい。嫌だ。

目の前にいる人の、心の内にある思いに気づいてるのに、何もできない自分。

身体や心が発してるメッセージに気づいてるのに、ちゃんと伝えることができない私。

その人のために…ってわかってるのに、何もできない。

なにもできない。

何もできない、無力な自分が嫌だ。


だから、人と会って、触れて…

私の感覚を、感じたことをちゃんと伝えたい。

『あの時もっと~すればよかった』なんて後悔、残したくない。

気づかないところで、たくさんの人に支えられている。だから私も…。

誰かが言った。

「人のため」と言いながら、そこに自分の居場所を作ってるだけだと。

人に嫌われたくないだけだと。

人に好かれたいだけだと。


そりゃさ、できれば、嫌われたくなんかないよ。傷つきたくもない。

でも、自分のやってることを全部理解してほしいわけでも、感謝してほしいわけでもない。


ただ、苦しんでる人を見るのって、辛いんだよね。

何もできない、無力な自分って……ね。

それにさ、元気になってくれたら嬉しいんだよ。

一緒に笑えたら、私も嬉しいんだよ。


だから私はさ、『人のため』っていう気持ちがあったとしても、『結局は自分のためじゃん?』って思ってる。

お互い様だもんね。

私だって、自分の気づかないところで、たくさんの人に助けてもらてる。支えられてる。

全部に『ありがとう』って感謝できてるわけじゃない。

だって、気づかないような、さりげない優しさってたくさんあるもんね。

お互い様だもの。

そう思ってた。そう信じてた。

相手に気を使わせないための、ちょっとした心遣い。

誰かの相談にのる時、「人の話を聞くのが好きなんだよね」と言う。

「こうやって話してくれることが、とても嬉しい」と言う。


それは嘘じゃない。

でも、ちょっと違う。

ただ、辛い気持ちや悩みを、1人っきりで抱え込んでほしくはないんだよね。

相談することを『申し訳ない』って思ってほしくないんだよね。


相談中、相談後…

相手が申し訳なさそうにする瞬間がある。

それが、ものすごく嫌だ。

相手に誤解されないように、否定されないように、ちゃんと理解してもらえるように…気を使いながら話してるのを見るのが嫌だ。

悩んで苦しんで、悲しい思いをしてるのは自分なんだから、誰かのことなんて気にせず、自分の思うままに話してほしい。

だから、少しでも話しやすい雰囲気を作ってあげたいと思う。

たぶん私は、”自分のために、相談にのってる”という側面も持ってるんだと思う。

最後に…

私はきっと、自分の言葉や態度で誰かを簡単に傷つけてしまうことが恐い。

誰かが傷ついてる姿を見ると、心がグッと苦しくなるし…何もできない自分が嫌になる。

だから、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください