【お知らせ】ヘアケア・シャンプーの記事は、こちらのブログに移行しました。

セラピストだったことの体験談を、いろんな人に読んでほしい理由

こんにちは、愛弓です。

当ブログでは、私自身の体験や感覚・考えをベースにブログを書いています。

『私の”人生のテーマ”は”癒し”だと思う』とか『セラピストは、天職なんだと思う』と言えてしまうほど、私にとってセラピストとして体験してきたこと・感じてきたことは大きな意味を持っています。

そして、セラピストになる前も、セラピストを辞めていた時期も…私は常に”癒し”というものが身近にあって、それを追究し続けていたような感覚があります。


まぁ、『なんでもいいから、自分の人生の中での体験・感覚を書いてみよう』と思った時、セラピストだった頃のことというのは、切り離すことができない大きなテーマなんです。

そんなわけで、当ブログでは、セラピストとして体験したこと・感覚・考えたことなどを書いていくことも多いかと思います。


正直なところね、『セラピストだった頃のことを書くなら、セラピストさん向けに書いたほうがいいんじゃないかな~』とか、『リラクゼーションサロンに通うお客様に向けて書くなら、書き方はちょっと違うよね??』なんて思ってたんです。

でも私は、『こんな人に読んでほしい』ってターゲットみたいなものを決めるのではなく、たくさんの人に読んでもらいたいなって思います。

なので今回は、私が『セラピストだった頃に感じてきたことを、セラピストさんはもちろん、それ以外のたくさんの人にも読んでほしい』と思ってる理由をお話していこうと思います。

セラピストだけじゃなくて、いろんな人に読んでほしい。

セラピストになってからの体験談を書く時、

『普通に考えたら、セラピストさんや、セラピストを目指している人たちに読んでもらうことを想定してブログを書いた方がいいんだろうな~』と思っています。

実際に、ブログに書いていく内容には、セラピストさんたちに伝えたいこともたくさんあります。


でも私は、セラピストという仕事に関わる人だけではなく、もっといろんな人に読んでもらいないなと思っています。

  • ただ癒し・リラクゼーションが好きな人
  • リラクゼーション業界に興味がある人
  • マッサージ店やリラクゼーションサロンに通うお客様
  • 自分の体・心に鈍感になってしまってる人


私は、『このブログをだ誰に読んでほしいか?』というターゲットみたいなものを決めたくないんですよね。

ちょっとオーバーな言い方をすると、それがリラクゼーション業界をアップデートすることに繋がっていくと思うから。

今までより、もっとたくさんの人たちに癒しを広げていくことに繋がると思うから。

心の奥からキラキラと輝くように…自分の気持ちや感覚を大事にして、それを表現できる人を増やすことに繋がっていくと思うから。

ブログに書きたいのは、セラピストとしての成長過程。

『ブログを書こう』と決めてから、たくさんの人のブログを読むようになりました。

  • 『もっと読みたいな~』
  • 『もっと聞いてみたいな~』
  • 『楽しいな~』
  • 『会ってみたいな~』


そんなふうに、ブログやブロガーさんに興味を持つのは、その人の気持ちのこもった文章だからなんですよね。

自分の体験から感じたこと、考えたこと…その文章を通して、ちゃんと、そこには”人”がいるんですよね。

役立つ情報でも、正しい情報でもなく…そこに人の心を感じるんですよね。

そして、ふとした瞬間に自分の中の創造が膨らんだり、ふと何かを気づかされる瞬間がある。


たぶん私は、”体験”を書いたブログが好きなんですよね。

ただ体験を書けばいいっていうことじゃなくて…

その体験を通して何を感じ、何を学び、どう成長してきたかみたいな過程に、ものすごく引き込まれてしまう。

その人が、心から真っすぐに、真剣に向き合ってるほど。


そんなことを考えてるうちに、ふと気づきました。

『もしかしたら、私がセラピストだった頃の体験も、同じなんじゃないかな?』と。


どんな職種であっても、

その経験を通じて何を感じ、何を学び、どう成長してきたかという、人の成長過程って楽しい気がするんですよね。

そして、関係ない職種でも、実は共通する部分がたくさんあって、それってすごく勉強になるんじゃないかなって。


自分の気持ちを抑え込んで、我慢ばかりして…心も体もボロボロになった状態で。それでも周囲に合わせて、その環境にい続けるための話。

そういうのは、あまり興味がないかもしれない。

だけど、ちゃんとブロ意識を持って、真剣に仕事と向き合ってる人の話は楽しい。ワクワクする。

どんどん成長して、モノの見方が変わってく人の話は楽しい。

つらい状況だったとしても、その状況の中で本当の気持ちに気づいて、自分を大切にする生き方にシフトした人の話は、心を震わせる。


『もしかして、私の体験も、そんな風に楽しんでくれる人がいるんじゃない?』なんて思ったら、

『やっぱり、セラピストだった頃の体験を書いてみよう』と思いました。


なので当ブログでは、私自身のセラピストとしての成長過程を大事にして書いていきたいと思います。

セラピストだった頃の体験・感覚・思考をベースにしつつ、”私の感覚”を表現していきます。


それにね…

人が本当の意味で成長するときって、誰かに教わって学んだときじゃないと思うんですよね。

【自分で気づく】という体験が、ものすごく人を成長させるんですよね。自分で気づくから、自分だけの道が生まれるんですよね。

そんな考えもあって…

私は、何かを教えるというスタンスではなく、自分の体験を表現するというスタンスでブログを書いていきたいと思っています。

ブログを書く目的①

無意識のうちに周囲に合わせていたり、”自分の気持ち”に気づけなくなってる人は、たくさんいるんです。

自分の気持ちに気づけないことで、体・心がサインを発してるのに、それにも気づけない人もたくさんいます。

そんな人たちが、自分の気持ちに気づいて、自分を大事にしていけるきっかけを作りたいんです。


”自分の感覚”を否定するのではなく、”自分の感覚”を受け入れて、表現していける人をもっと増やしていきたいんです。

『一生やりたい』と思えるほど好きなものを見つけたなら、周囲に合わせるのではなく、”自分の感覚”を使って探究する。その楽しさを、もっとたくさんの人に感じてもらいたいんです。


そして、なにか私と似た感覚を持って悩んでる人がいるなら、『大丈夫だよ』と伝えてあげたい。

『私は、こんな風に考えたよ』『私は、その後、こんな風になっていったよ』そんな体験を書くことで、伝えれられることがあればいいなって思う。


私にとってのセラピスト人生は、無自覚だった自分の体・心に気づかせてくれるものだった。

そして、否定し続けた”自分の感覚”を受け入れ、”自分の感覚”を使って好きなものを探究すること・その楽しさを教えてくれました。

子供の頃からずっと否定していて、『抑え込まなきゃいけない』と思い込んでいた、自分の感覚。

だけど、そんな”自分の感覚”を表現したいと思わせてくれました。

【心に素直になって、自分らしく生きる】ということを教えてくれた。


セラピストとして活動していく中で、店舗にいるだけじゃ、伝えられないことがたくさんありました。

時間をかけて語ったところで伝えきれないこと・誤解が生じてしまうこともたくさんありました。

だから、ブログを書くことで、今までとは違う伝え方をできたらいいなって思います。

そして、私が『この人には、これを伝えていいのか?』と判断して一部の人に伝えるのではなく、それを必要としている人たちが、ブログを読んで会いに来てくれたらいいなって思います。

ブログを書く目的②リラクゼーション業界をアップデートしたい。

『セラピストだった頃の体験・思考は、誰の役に立てるかな?』

『誰のために書きたいかな?』と、改めて考えてみる。

  • セラピストさん
  • セラピストという仕事に興味を持ってる人
  • リラクゼーション・癒しが好きな人、興味のある人
  • マッサージ等に通うお客様

セラピストさんだけじゃなくて、癒し・リラクゼーション・マッサージに関わるいろんな人がいると思う。

お客様が自分で判断できるようになると…

私がセラピストだった頃のことを表現するということは…

お客様がリラクゼーションサロンに通う時、セラピストにとって都合のいい言葉だけを信じて依存する必要がなくなるということだったりする。


『本当に自分に必要なの?』

『この人は、本当に自分のために提案をしてくれてる?』

『本当に、このセラピーが必要かな?』

『本当にこのセラピストでいいの?』と、お客様自身が考えることができるようになる。


セラピストの言葉や思考に惑わされて、自分の体や心が発するメッセージを無視するのではなく、

『自分の心や体が何を伝えようとしてるのか?』

『何を求めているのか?』をちゃんと考えることができるようになる。


自分の心を無視して我慢して現状維持するのではなく、自分らしい生き方にシフトできる。

すでに自分らしい生き方をしてるのであれば、余計なモノに惑わされるのではなく、自分の心を信じて、そのまま自分らしく生きていくことができると思う。


…と言っても、【自分だけでは気づけないモノがある】ということも忘れてはいけないとおもうんですよね。

時には、『自分のやりたいことをやってる』と信じていても、それが周囲の影響やただの思い込みなこともある。自分の本心とは違うこともある。

だから、人と関わっていく中で、それに気づくことは大切だと思う。

ちゃんと自分の心に向き合ってくれる、信頼できる専門家がいるのなら、サポートしてもらうこと見えてくるものもあると思います。


自分の問題だからと言って、一人で立ち向かわなきゃいけないわけじゃないし、時には、誰かに頼ってもいいんじゃないかなとも思う。

誰かに支えてもらったり、背中を押してもらったり、『本当に、それでいいの?』と確認することも大事だと思う。


だけどね、そこで頼る相手が、本当に自分のことを考えてくれる、信頼できる人間なのかということを、しっかり見極めなきゃいけないし。

そんなに素晴らしい相手であったとしても、100%相手に依存するんじゃなくて。ちゃんと自分で判断していかなきゃいけないんじゃないかなって思う。

セラピストは、癒しを追究して、ちゃんとお客様に向き合う必要が生じる。

お客様が知識をつけたり、セラピストの言葉を鵜呑みにせず自分で考えるようになると、セラピストは嘘をつきにくくなる。ごまかし がきかなくなる。

自分の利益ばかりを気にして、お客様を囲い込むことができなくなる。

お客様を自分の思い込みの中に抑え込むことができなくなる。


『自分がやってることが本当に正しいのか?』とか『ちゃんとお客様のためになってるのか?』を考えなきゃいけないし。

現状維持で満足するのではなく、セラピストとして癒しを追究する必要性が生じる。

自分の都合で適当なことを言ったり、お客様を依存させたり、利益ばかりをを考えるのが難しくなって、ちゃんと癒しを追究する必要が生じる。

…ごまかさずに、ちゃんとお客様に向き合う必要が出てくると思う。


それは、セラピストさんだけに読んでもらうブログでも、お客様だけに読んでもらうブログでも叶えることができない。

セラピストとして活動してる人にも、マッサージ店やリラクゼーションサロンに通うお客様にも読んでもらえる環境だから、できることだと思う。

そんなわけで私は、癒し・リラクゼーション・マッサージ等に関わりのあるたくさんの人に読んでもらえるブログを作ろうと思う。


  • セラピストさん
  • セラピストという仕事に興味を持ってる人
  • リラクゼーション・癒しが好きな人、興味のある人
  • マッサージ等に通うお客様

セラピストさんだけじゃなくて、癒し・リラクゼーション・マッサージに関わるいろんな人がいると思う。

細かいターゲットを決めずに、自分の体験・感覚・思考を表現することで、リラクゼーション業界にある違和感を変えたい。アップデートしていきたい。


それが、セラピストとして癒しを追究してきた私が、今、『やってみたい』と思うことの1つなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください