【お知らせ】ヘアケア・シャンプーの記事は、こちらのブログに移行しました。

【沖縄行きを決めた時の不思議な話】「俺が払う」と言った飛行機代は、年金の過払いから。

こんにちは、愛弓です。

先日、沖縄北部(国頭村)にある、大石林山に行った時のことをブログに書きました。


書いてる間、ふと『初めて沖縄に行った時のことも書きたいな~』と思ったので…今回は、私が初めて沖縄に行きを決めた時のことを話していこうと思います。


実体験ではあるものの…ちょっと不思議と言いますが、『そんな偶然ある⁉w』と思ってしまうというか…。

まぁ、そういうお話なので、そういうものが苦手な方は、他の記事を読んでいただければと思います。

『行ってみたい』と思い続けた沖縄。ついにタイミングがきた!

『沖縄に行ってみたい!』と初めて思ったのはいつだったか…今でも思い出せません。

ただ、気づいた時には『沖縄に行きたい!』という気持ちがどんどん膨れ上がってた。


子供の頃、おぼれたことなんてないのに、なぜか海でおぼれた…というか、海に沈んでいく記憶がありました。

その海がキラキラしていて、すごくキレイで…すごく幻想的だったんです。

子供の頃の私は、海の色や空の色が大好きで、絵の具でよく、たくさんの水色を作っていました。

もちろん、当時は沖縄の存在を知らないし、そんなにキラキラした海なんて見たことがなかった。

けど、もしかすると、そのころからずっと”キラキラした海”へのあこがれがあったのかもしれません。


中学生の頃、なぜか、スーパーで買ったサーターアンダギーをすごく気に入って、『毎日でも食べたい』と思いました。

『いつかは沖縄に行って、本物のサーターアンダギーを食べたい』と思った記憶があります。


高校時代、初めて付き合った彼のおばあさんかお父さんあたりが沖縄の人でした。(お母さんは…どうだったかな??)

彼のおばあさんやお父さんには会ったことがないものの、話を聞くたびに顔がわかるような感覚があって…沖縄の人にイメージはないのに、『あぁ、沖縄の人って、こんな雰囲気の人が多いのかな』なんて想像したりもしていました。

彼は少し霊感があったらしく、おばあさんにそのブレスレットをつけるようにと言われていました。

今になって思えば、パワーストーン(黒系)だったのですが、当時の私は『彼は霊感が強すぎて、数珠をつけてる』なんて思っていました。

彼がおばあさんやパワーストーンの話をするたび、彼のパワーストーンが視界に入るたび、なぜか『私にも沖縄に血が入ってたらよかったのに…』と思っていました。

当時は、沖縄のことは何も知らず、沖縄へのイメージもなかったはずなのですが…彼の話を通じて、なぜか沖縄に興味を持っていたような気がします。


大学時代、妹が修学旅行で沖縄に行くことを知り、『良いな~』『私もずっと沖縄に行きたかったのに…』と思った記憶があります。

その時から、『私にもきっと、沖縄に行くタイミングがやってくる』と思っていました。


でも、私が沖縄に行くタイミングはなかなか来ませんでした。


2012年の冬。

興味を持ったアロマトリートメントのスクールが、沖縄にありました。

当時まだ会社員だった私は、仕事を休んで沖縄に行くことを真剣に考え続けました。半年以上も。

でも、仕事を休む勇気がなくて…沖縄には行かず、東京で、休日に通えるスクールばかりに通いました。そして、なぜか満たされない思いを抱えていました。

沖縄のスクールが運営してるブログを頻繁にチェックしてるうちに、沖縄へのあこがれは強くなり、『いつかは、沖縄のような場所で施術したい』と思うようになりました。

ちょうどこの頃、『自分が本当に「お客様のためになる」というものを実現するためには、誰かの下にいてはいけない。独立しなきゃ』という思いは強くなり、『いつかは、沖縄で開業したい』とイメージがどんどん膨らんでいきました。

でも実際には、当時の私には一人で飛行機に乗る勇気なんてなくて…

『いつか、沖縄に行く…行けるタイミングが来たら、行きたい』と思っていました。


2013年年末、ついに会社を辞めました。

そして、2014年春、久々にできた彼は、沖縄出身の人でした。

彼の存在を知った時、『ついに、沖縄に行けるタイミングが来るのかもしれない』『やっぱりいつか、沖縄に住むのかもしれない』と思いました。


『いつか行きたい』と思い続けた沖縄。実際に行ったのは、もう27歳になってからでした。

沖縄に帰る用事があった彼。「飛行機代は、俺が払う」の言葉で沖縄に行くことを決めた

「10月に、沖縄に帰省しなきゃいけない」

彼は、親戚の用事で、10月に沖縄に帰省することになりました。


「愛弓さんも一緒に行かない? 4日くらい休めそうだからさ…1日は実家に帰らなきゃいけないけど、あとは沖縄案内をできるよ。」

初めて、私にも沖縄行きのタイミングがやってきました。ずっとずっと待ち望んでいた、沖縄に行けるチャンスです。

だけど私は、ためらっていました。

当時の私は、いくつものスクールに通って、貯金がかなり減っていたのです。

『沖縄の飛行機代はいくらだろう?』『宿泊費は? 観光にはどれくらい??』

お金の心配をして、すぐに「はい」「行く」と返事ができなかったんです。


「そうだよね…急に言われてもね…。やっぱやめる?」と寂しそうに言っていたはずの彼…

急に、ものすごい勢いで、飛行機の説明を始めました。


飛行機にはほとんど乗ったこともなく、何もわからない私。

彼は私の知らない単語を使いながら、ものすごい勢いで、飛行機の話をし続けました。

そして最終的に、「往復15000~16000。(多分、細かい数字を断言してたと思う)。飛行機代は払うから行こう。」と。


飛行機の話をしていたのは、まぎれもなく彼で。

だけど、「往復の飛行機代を払うから行こう」と言った時の彼の目は力強く、まっすぐにこちらを見ていて…断る隙を与えませんでした。

あの瞬間、まるで彼の中に誰かが入り込んでいるかのような…私が「NO」と断れない相手が彼の中にいました。

「うん、行く。」

そう答えた瞬間、やしさと弱さのある彼に戻りました。



ちなみに、このとき彼の中に入り込んだように感じた相手は、私が感覚的によく知る人です。

何か重要なことがある時に、目の前にいる人の中に現れて…私は、その人の言葉を受け入れることしかできないような感覚になる。

受け入れたくないとか、そういうことじゃなくて…。

人生経験豊富で、ものすごい人が、何かを説明したり、方向を示してくれてるような感じで。私の中に、それを断る理由が存在しなくなってしまうほど、彼の言葉はいつも核心をついてくる。

そんな人。

そうやって、誰かの体を使って話しかけてきたことは数える程度しかないと思うんだけど、私にとってはすごくインアクトの強い人なんですよね。

もしも守護霊とか、そういう存在がいるなら…そのうちの1人なんだろうなって感じの人。

飛行機代を払ってくれたのは、年金の過払い…という偶然w

「飛行機代を払うから行こう」と言ってくれたのは彼じゃなかったのだろうと、なんとなく感じていました。

そして、彼の雰囲気から、その瞬間に言った言葉は覚えていないのだろうなと…。


それでも、「飛行機代を払うから行こう」と言ってくれたのは、彼ですよ?

『もしかしたら、本当に飛行機代を払ってくれるのかな?』と期待もしました。

…が、普通に飛行機代は請求され、その代わり、他のものを支払っていた気がします。

私自身、1度はためらったけど、沖縄行きは楽しみだったんですよね。

だから、お金のことは、『まぁ、いっか~』ってくらいの気持ちでした。


しばらくして、年金の過払いとして、16000円くらい帰ってきました。

毎月、年金の支払いはありましたが…私は、過払いした記憶なんて全くなかったんですよね。

で、『あ! こんな形で、飛行機代がきたの!?w』と。


いや、もちろん、自覚がなかっただけで、過払いしてた可能性はありますよ。

むしろ、過払いした記憶があるくらいなら、過払いしてないはずなので…。

でもまぁ、そんなことはどうでもよくて。


ちょうど飛行機代くらいの金額が、年金の過払いという形で帰ってきたことが、面白いなって。

それに、あの人はやっぱり嘘をついたりしないんだなっていうのが嬉しかったんですよね。

恐かったのはお金ではなく、沖縄に行くこと。新しい世界を見ることだった。

彼が沖縄に行くことを提案してくれた時、私はすぐに返事をすることができず、ためらいました。

貯金が少なかったから…それも1つの理由です。


でも私は、この数か月前、貯金が0になったことがありました。

そして、この時は、ある程度の貯金はしていた記憶があります。

…それでも私は、お金の心配をして、沖縄行きをためらったんです。

お金に関する心配は、確かにあったと思います。けど、基本的に、旅行はもちろん、自己投資・経験にはお金をかけるタイプです。

しかも、ずっと『行きたい』と思ってて、『いつかは住みたい』とまで思ってる沖縄ですよ?

普段の私なら、すぐに返事をしていたはずです。この時期なら特にそう。

だけど、私は返事をためらったんです。


たぶん私が本当に不安だったのは、お金のことじゃないんですよね。

ずっと夢見てきた沖縄ですよ?

たぶん私は、沖縄に行きたいけど、沖縄に行くことが恐かったんです。


新しい世愛に飛び出す時、未知の世界に飛び出す時。

すごく楽しみでワクワクする気持ちと一緒に、『本当に大丈夫かな?』『ちゃんとやっていけるかな?』みたいな不安と一緒に、新しい世界に飛び出すことをためらうような、現状維持したい(今いる世界にとどまりたい)気持ちが生まれることはありませんか?

私は、あります。


当時は何も思わなかったけど…この時のことを思い出すと、あの頃の私は、そんな気持ちも抱えていたんじゃないかなと思います。

でも実際に、「沖縄に行く」と言葉にしたら、すごくワクワクして心が弾んだし。

沖縄に行くまでにも、沖縄出身のお客様や、沖縄に行ってきたお客様、沖縄の人と結婚したお客様…沖縄につながりのある人がたくさんやってきました。

実際に沖縄に行った時も、すごく不思議で楽しいことがたくさんあって…それからずっと沖縄が大好きで。

なぜか今も、ブログを書きながら泣きそうでw


とにかく、あの頃の私は、夢にまで見ていた沖縄を目の前にして、沖縄行きをためらっていました。同時に、心の中では、『沖縄に行きたい』という気持ちがあって、すぐに返事ができませんでした。

それでも、やっぱり、あの時、沖縄に行くことを選んでよかったなと思います。


たぶん、今の私も同じで。

『やってみたい』と思ってるのに、ためらってることがあります。

戻るための扉はもう閉めてしまって、もう次の扉を開けて、新しい世界に行くしかない。

きっと、新しい世界には、いいこともたくさんあって、心の奥ではそれを待ち望んでる。

それでも、進むことをためらっていて、扉と扉の間の、何もない誰もいない空間に一人でいる。そんな感覚。

なんだか、ちょっと似てるなって。

最後に|不思議な話を書くのは恐かったけど…今後はたまに書くかもなって

ここまで、私が初めて沖縄に行った時の…沖縄行きを決めた時のことを書いてきました。


この体験を『書いてみたい』と思ってから、実際に書くまでに、ものすごく時間がかかりました。

私にとっては、そこに嘘はないつもりなんです。

でも、『彼の中に、別の人が入った』と感じているのは私だけで…その感覚を『わかる』と思う人もいるかもしれないけど、

『は?』『何言ってんの?』『妄想癖があるんじゃ…』『頭おかしいんじゃ…』『いや、別の人が入ったんじゃなくて、彼が強気で言っただけでしょ?』みたいに、私の体験を『おかしい』とか『嘘だ』と感じる人もいるんだろうなって。

そういう反応が恐くてね、なかなか書けなかったんですよね。

しかも、当ブログは、日常的なものや現実的なものも書いてあるから…スピリチュアル好きな人のブログとかじゃないい。

そんな場所に書くのって、すごく恐かった。…はずなんだけど、実は、今回は大丈夫だったんですよね。あらまぁ不思議。


まぁ、これを読んだ人が、そういう感覚を信じてくれたとしても、そういう感覚を否定的にとらえたり受け入れてくれなかったとしても、まぁいいかなって。

私が1番信じてほしかった人たちは、その感覚を信じてくれなかったり、否定したり、笑いものにしたり…。「そんな話はしちゃいけない」と制限したり…。

子供のころからずっとそうでした。官女たちの反応は、大人になっても変わらなかった。


でもね、否定する人たちの反応を気にして、自分の書きたいことをかけなくなるくらいなら…自分の書きたいことを書いて、それを受け入れてくれる人に向けて発信したほうがいいんじゃないかなって。

前はね、頭ではわかってても、やっぱり動けなかったりもしたんですけど…なんか、だんだん動けるように泣てきた気がする。うん。

まぁ、自分でもよくわかんないけど…とにかく『こういう話も書いていこう』って思えるようになったので、今後はちょくちょく書いていくかもしれません。

よろしくお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください