【お知らせ】ヘアケア・シャンプーの記事は、こちらのブログに移行しました。

晴明神社|祓ってくれるイメージと、危険から身を守るためのメッセージ

こんにちは、愛弓です。

先日、2泊3日で京都・伊勢旅行に行ってきたので、その時のことを書いていこうと思います。


初めに行ったのは、京都にある晴明神社でした。

なので今回は、晴明神社に行った時のことを書いていこうかなと思います。


私の勝手なイメージではありますが…

晴明神社に行った時、なんとなく、『よくないものを祓ってくれる場所なのかな』というイメージを抱きました。

そして、今回はなんとなくおみくじを引いてみました。

今になって思うと、おみくじに書かれていたのは、自分に迫る危険がか身を守るためのメッセージだったんじゃないかなとも思います。

なので今回は、よくないものを祓い、それによって迫っていた危険から身を守るためのアドバイスをくれようとしたんじゃないかなと…そんな風にも思っています。

ご注意!

私は、神様の声が聞こえるとか…特別な何かを持ってるわけではありません。

ここで書いているのは、私が実際に体験した話をベースに、なんとなく思ったこと・考えたことです。

それは、現状・時・タイミングによって変化していくものだと思います。

「この神社は、こういうエネルギーを持っている、~にご利益あ乗る神社です」とお伝えするようなものでも、神社の歴史などをお伝えするようなものでもありません。

ご了承くださいませ。

2013年に、偶然見つけた神社の1つが、晴明神社だった

初めて晴明神社の存在を知ったのは、2013年頃だったと思います。

当時、晴明神社の近くにある宿に泊まったのですが、なぜか、部屋の中に1人でいるのがすごく恐かったんですよね。

当時、他の宿に泊まる時も、人のいない広い空間に1人という状況が恐くて、電気を消さず、テレビを大音量で流し、友達に電話し続ける…ということも多々ありました。

なので、部屋の空気が悪いとか、霊感が…みたいなことじゃないかもしれないのですが、とにかく、夜の部屋に一人でいるのが恐かったんです。


とりあえず、テレビをつけると、錦戸亮さんが出演していた陰陽師系のドラマがやっていました。

なんとなくそのドラマを見ながら、錦戸亮さんの演じてる役を安倍晴明さんだと思い込んでいました。(実際の内容は…よくわかりません)


翌朝、大寝坊した私は、朝食を食べずに外出しようとしました。

が、宿の方のご厚意で遅めの朝食をとった後、なんとなく『こっちに行ってみようかな~』くらいの感覚で宿周辺をフラフラ歩きました。

その時に偶然見つけたのが、晴明神社です。

昨晩、陰陽師系のドラマを見ながら安倍晴明さんを思い出したこともあり、なんとなく参拝しました。


当時は、修学旅行中の学生さんたちが集団でいたこともあり、神社というっより、『安倍晴明さんが人気があるから作られた、聖地的なものなのかな?』とイベントか何かのような感覚で参拝していたような気がします。

2020年晴明神社に行った時のことと、おみくじのメッセージ。

今回の京都旅行では、偶然にも、当時と同じ宿に泊まることになりました。

ネット上ので晴明神社について検索している時に、「ホテルで嫌な感覚があった時に、晴明神社でいただいたお砂がよかった」みたいな口コミを見たこともあり、晴明神社にも立ち寄ることにしました。

2013年ごろに来た時とは違って、修学旅行中の学生さんもいなくて…なんとなく年齢層が高くなっていたような気もします。

写真を撮ってる人も多い印象でした。(それは私もか…)

本殿を参拝した時も何か感覚はあったと思うのですが…よく覚えていません。

ただ、斎稲荷社を参拝した時、本殿で感じた感覚のほかに、体の左側だけひんやりとした空気感・風を感じるような感覚がありました。

私が参拝した時間帯は日が出てポカポカ暖かかったので、すごく不思議だな~と感じました。

昔、そういうひんやりとした感覚を「よくないものだ」と言っていた人がいたことを思い出しながら、『でも、本当にそれがいいものか悪いものかなんて、私には判断できないし…』と思い、ただ感覚を感じていました。

近くにあった楠に触れると、体がグルングルンして、体をゆだねたら倒れちゃうんじゃないかな?という感覚になりました。


もう1度、本殿と晴明さんの像に意識を向けて目を閉じると、

左上から、黄緑っぽい色の光の線が何本も入ってきて、おでこの向こう側で何かがグルグル回るような感じがしました。

少しすると、黄緑色っぽい色からブルー系の色に変化して、また左上から光の線が何本も入ってくる感じがしました。

『なんだか不思議だな~』と思いつつ、周囲を見渡します。


社務所の前には小さな看板?がたっていて、”人生相談”の文字がありました。

ネットで調べてみると、占いのようなものがあるようなので…それだと思います。

興味のある人は、時間に余裕をもって訪れるといいんだろうな~と思いました。


待ち時間もわからないので、今回は相談せずに、おみくじを引くことにしました。

そこには「今を感じる」とか「今を生きる」っぽいフレーズが書かれていたのですが…私はあまり気にせず、すぐに結んでしまいました。


実は、今回の旅行で、ちょっとゾッとするような体験もすることになってしまったのですが…

そんな体験をしないためにも、この時のおみくじに書かれていた言葉は大切だったんだな~と、今は思います。

よくないものを祓ったり、危険がないように守ろうとしてくれる神社なのかもしれない…というイメージ

人によって、晴明神社を訪れた時の感覚も違えば、抱くイメージも違うと思います。


実際、晴明神社を初めて訪れた時の話をした時、ある人に、「なんだか嫌な感じがする…」と言われてしまったことがありますし。

その影響もあって、京都に行った時のことをなかなかブログに書けなかったりもしました。

…でも、私自身が晴明神社に対して、特に”悪いイメージ”を抱いていたわけじゃないし。

むしろ、今回の場合には『なんか不思議な感覚だったな~』と思っていたり、必要なメッセージをもらったんだと思ったり、帰り際には頭がスッキリしていたり…

神社がいい場所か悪い場所かなんてことは私にはわかりませんが…少なくとも私自身は、この日、楽しんでいたんだと思います。


また今度晴明神社を訪れたとして…私がまた同じ感情を抱くかなんてわからないし、何をどう感じるかもわかりません。


ただ、今回、晴明神社を訪れた時に抱いたイメージをメモしておこうと思います。

よくないものを祓ってくれるイメージ

なんとなくですが…『晴明神社は、なんとなく普通の神社とは違うのかな』と思いました。

同じ日に京都で行った他の神社や翌日に訪れた伊勢神宮では、参拝してる時に、手が熱くなり、自分の体の内側からエネルギーが溢れてくるような…そんな感覚になりました。

もちろん、タイミングや場所によっても異なりますが…私の場合は、神社に行くと『あたたかい』と感じることが多いんです。

でもね、晴明神社に行った時は、『あたたかい』という感覚はあまり感じなかったんですよね。

ただなんとなく何かを感じて…気づいたら、頭がスッキリしてたな~ってくらいの感覚でした。

なんというか…よくないものを祓ってくれるような、そんなイメージでした。


『やっぱり陰陽師とか、そういう系だからなのかな??』とも思いました。

昔、ヒーラーさんとお付き合いしていた時に、そういうものに詳しい方だったので、いろいろ聞いたことがあるんですよね。

「(生霊とか死霊とか?)よくないものを祓う」…みたいな話もよくしていました。

で、「生霊が憑いてる」と言って、私にもいろいろやってくれてたんですけど…

その時にいろいろ祓ってくれた(除霊してた)時の感覚と、似てる部分があるんですよね。

思い出してみると、その中には、九字切りや五芒星のようなものもあったし、他のお祓いもいろいろありました。

(ちなみに…私の場合は、どんどん状況が悪化して体調も悪くなり、彼もお手上げ状態になり…最終的には、彼とお別れして、彼を忘れるまでずっと続いていくなと思いましたが。)


脱線しちゃいましたが…

『晴明神社さんは、よくないものを祓ってくれるようなイメージの神社なのかな~』と、なんとなく思いました。

今現在、自分に迫ってる危険から身を守るためのメッセージ をくれた

これは完全に、おみくじを引いたことで思ったことなだけなのですが…

もしかすると、おみくじを通じて、安全に旅行できるように、必要なメッセージをくれたんじゃないかなと。そんな気もしました。


普段はあまり、おみくじを引かないんですよ。

でも、この時はなんだか『おみくじでも引いてみようかな~』と思って、おみくじを引くことにしました。

まだ京都に着いたばかりで両替をしていなかったお財布には、100円玉がなく…1円玉まで全部かき集めたら、ギリギリおみくじ代だけあったんです。

その”ギリギリ”というのがポイントで、私は何となく、『やっぱりおみくじは引いたほうがいいな』と思いました。


引いたおみくじには、「今を感じる」とか「今を生きる」っぽいフレーズ が書かれていました。

それを見た私は『そんなのあたりまえじゃん』と思っていましたが…その当たり前ができなかったために、私はこの旅行で、少しゾッとするような怖い体験をすることになりました。


思い返してみると…

普段は、『旅行に行きたい』と思ったら、『呼ばれてる』と思ってしまうほど、スムーズに行けることが多いんです。

でも、今回は、旅行に行く前から『京都に行かない方がいい』と言われてるかのように、予約ができなかったんです。

スマホの不調が続いたり、メンテナンスが入ったり、予約が閉め切られてしまったり…『なんか、京都に来るなって言われてるみたい』と感じながらも、『でも、伏見稲荷に行こうと決めてたから』と無理矢来、京都に行きました。


京都に着いた時も、まるで『京都を離れた方がいい』というかのように、なぜかそのまま伊勢に行こうとしていたり、伊勢のポスターに囲まれていたり、伊勢に行ったら「京都に帰りたくない」とつぶやいてる自分がいました。

最終日までに全身が筋肉痛になって、朝も起きれなくて…『そこには行くな』『早く帰れ』と言われてるような感覚にもなりました。

私自身も、無意識のうちに『帰りたい…』とつぶやいてたりしました。


自分の体や気持ちが『行きたくない』と感じてるのに 、

『せっかく京都に来たんだから…』『なかなか京都に来れないし…』とか『もともとの目的はココだったし…』と、自分の感覚を無視して、無理やり行ってしまったんですよね。

その結果、私はゾッとするような怖い体験をして…帰宅後も何日も眠れず、ただ『怖い』とおびえて過ごすことになりました。


そこで最終的に現れたのは、数年前にお付き合いしてた元カレでした。

ある人は、「もしかしたら、彼は亡くなってるんじゃ…」と言っていましたが、連絡手段がないので、確認はしていません。

彼はスピリチュアルなことには詳しかった…というか、霊感とか、そういう系のものがある人だったような気がします。なので、彼が何かをしていた可能性だってあります。

ただね、

もしもそこで体験したこと、言われたこと、自分の感じたこと…すべてが間違っていないのだとすれば、私は彼に引き寄せられて、向こう側に連れて行かれそうになったのかもしれません。


今回の旅行で、私は、昔から好きな神社を何か所も訪れました。

でも、いつもとは違って、スムーズには動けず、どんどん時間を引き延ばされるんですよね。で、体がどんどん痛くなっていく。

まるで、『そこにだけは行くな』と言われてるかのような、行けない理由をどんどん作られていくような、そんな体験・感覚が続きました。

『そこには行ってはいけない』と足止めしようとする存在と、『こっちにおいで』と誘導しようとする何者か…その2つの流れを感じていました。

それでも私は、その感覚を無視して、自分の心た体の感覚も無理して…自分の都合で、思考で、無理やり行ってしまったんです。


今になって思えば、おみくじに書かれた言葉は、そういったものを遠ざけるためにくれた言葉だったのかもしれない…と思います。

「今を感じる」「今を生きる」みたいな言葉はもちろん、「”今、自分が何を感じてるか”を大事にしなさい」みたいなことをすごく丁寧に書かれていたような記憶が…なんとなくあるんです。

あの旅行中、最終日、あの時、あの瞬間…思い出せば思い出すほど、”今の自分が何を感じてるのか”に気づく瞬間は、何度も何度もありました。

それでも私は、『でも、初めに『京都に行こう』と思ったのは、伏見稲荷に行くためだったし…』と、過去の思いにこだわったんです。

『今行かなかったら、今度はいつ来れるかわからないし…』と、先(未来)のことを考えて、『なんとしても、今日、行こう』と、『行きたくない。帰りたい。他に行きたい場所がある』という気持ちを抑えて、無理やり行ってしまったんです。

”今の自分の感覚”を大切にすれば、そんな怖い思いをしなくてよかったんです。


おみくじを読んだ時、漠然とした将来の、生き方の話でもされてるのかと思いました。

『そんなのあたりまえのことじゃん』なんて、生意気に思いました。

でもね、今現在、自分に迫ってる危険から身を守るためのメッセージをくれていたのかもしれないなと…、今は思います。

先ほど、2013年に初めて晴明神社に行った時のお話もしました。

先ほども書いたように、私は朝寝坊をして…おまけに、遅くなったのに朝食まで食べさせてもらってから出発しました。


当時は、特に行き場所を決めていなくて…『適当にバスに乗って、気になるところがあれば寄ってみよう』という、謎の旅行をしていました。

『とりあえず散策してみよう』とフラフラ歩いてる時に、晴明神社を見つけました。


今回の旅行で気づいたのですが…晴明神社の参拝時間は、朝9時からでした。

もしもあの日、何時間も朝寝坊しなければ、私は晴明神社には立ち寄れませんでした。晴明神社の存在は、知らなかったと思います。

もしもあの日、テレビをつけて、偶然『あ、陰陽師』となんとなく思わなければ、私はきっと、晴明神社を見つけても『観光地だ』と思って、参拝しなかったと思います。

もしもあの日、晴明神社の存在を知らなければ…『何かあった時に守ってもらえるように…』なんて考えなかったと思うし、私は今回の旅行で、晴明神社を訪れることはなかったでしょう。


今回、晴明神社を訪れたことで、どんな変化があったのかも、私の運命の何かが変わったのかも、何もわかりません。

ただ、いくつもの偶然が重なっていたことを思うと…なんだか不思議なものだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください